HOME >後見の事例

Q8 専門家に任せたいが、誰が専門家か分からない方
A8

 成年後見申立を専門家に任せたいが、誰が専門家か分からなかったと言われることが良くあります。

成年後見の申立書作成は、司法書士に任せるのが正解です。
専門家としては弁護士・司法書士・社会福祉士といますが 、成年後見人として最も選任されているのは司法書士です。

もっとも、
司法書士であっても成年後見分野を業務としていない事務所もありますが、当事務所は高齢者を支援する業務が主な業務であり、自身も成年後見人として活動しておりますので、安心してお任せいただけます。

申立書類


 成年後見制度は本人の権利を制限する側面もあるため、 家庭裁判所は申立書類を厳重に審査します。 また、多くの手間と時間を費やしても、正確な手続ができる保証などありません。最悪の場合、間違った手続をして取り返しがつかないことになる危険性すらあります。

ですから、成年後見の申立書作成は、司法書士に任せるのが正解です。


⇒ お申込み・お問い合わせ はこちら